管理者

管理者

フォロー

0 人にフォローされています

スーツを「着るだけ」で働きたい人の未来を支援できるプロジェクト“Wear For The Future”とは

スーツを「着るだけ」で働きたい人の未来を支援できるプロジェクト“Wear For The Future”とは

アパレル製品の販売などで知られる株式会社レナウンの月額制・ビジネスウェアトータルサポートサービス『着ルダケ』が、認定NPO法人育て上げネットとタッグを組んだ“Wear For The Future”というプロジェクトを始動した。これは、月額制のサブスプリクションサービスの利用が働きたい人のスーツに関するサポートに繋がるというもので、シンプルに言うならば「スーツを着るだけで働きたい人の未来を支援できる」ということ。 株式会社レナウンのUX事業部・課長・越田氏、認定NPO法人育て上げネットの理事長・工藤氏に、今回の活動についてお話を伺った。
管理者 | 212 view
【前編】コメ兵がいち早くオムニチャネル化を実現できた理由

【前編】コメ兵がいち早くオムニチャネル化を実現できた理由

ブランドリユース業界の大手「コメ兵」。実は同社は、2000年代の初頭からデジタル対応に取り組み、ECサイトにオウンドメディアの活用、社内にチャットツールの導入、そして現在は真贋判定にAIの導入を発表するなど、業界の中でデジタルシフトをいち早く進めてきた。 コメ兵のデジタルシフト成功の秘訣とは、また企業がデジタルシフトを行う際に意識すべき点は何なのかを、同社の執行役員マーケティング統括部長である、藤原義昭氏に伺った。
管理者 | 68 view
困難を抱えた子どもの未来のために 〜葉田財団の活動と、助成金で子どもを支える支援団体の奮闘〜

困難を抱えた子どもの未来のために 〜葉田財団の活動と、助成金で子どもを支える支援団体の奮闘〜

今日、身体的あるいは精神的な暴力や圧力を受け、社会的養護を必要とする困難な状況にある子どもたちが少なくない。そんな子どもたちの支援活動をする団体に助成を行っている葉田財団という公益財団法人がある。現在助成事業の募集を受け付けているが、今回この募集に申請した二つの支援団体、特定非営利活動法人「CROP.-MINORI-」の代表理事・中山氏と、NPO法人「タイガーマスク基金」の事務局長である工藤氏にそれぞれにお話を伺った。
管理者 | 306 view
ソニーグループが生活の質を天井から変える マルチファンクションライトが届ける 便利さと快適さ、そして高齢者の見守り

ソニーグループが生活の質を天井から変える マルチファンクションライトが届ける 便利さと快適さ、そして高齢者の見守り

QOL(クオリティ・オブ・ライフ)なる言葉が世間に浸透し、日常生活における暮らしの質の向上に関心が集まる昨今。最先端のテクノロジーを駆使してそこに寄与するIoT製品も数多く登場している。ソニーネットワークコミュニケーションズが2016年に発売したマルチファンクションライトもそのひとつだ。天井から生活の質を変えるという新しい発想でLEDシーリングライトとスピーカー機能などを持つマルチファンクションユニットとを融合させ、これまでにない体験を生み出している本製品。ここでは同社のIoT事業部で本製品の開発にも携わった横沢信幸氏に話を伺い、IoT製品の中でもソニーグループがこれまで挑んでこなかった照明機器に着目したきっかけ、この製品を通じて届けたい世界観、そして今夏から新たに提供を開始した高齢者の見守りサービスなどについて尋ねた。
管理者 | 50 view
「技術のソニー」が挑むヘルスケアサービス 肌解析や食事解析技術を生かしたBtoBビジネスで 企業の健康プラットフォームづくりに貢献

「技術のソニー」が挑むヘルスケアサービス 肌解析や食事解析技術を生かしたBtoBビジネスで 企業の健康プラットフォームづくりに貢献

今、働き方が見直される中で企業における心身の健康の維持が重視され始めている。社員の健康増進は、健全なオフィス環境作りにつながるだけでなく、労働生産性の向上や企業イメージの向上にも効果が期待できる。そうした社会背景がある中でソニーネットワークコミュニケーションズでは主に法人をターゲットとしたヘルスケアビジネスをIoT事業の注力領域として、ソニーのリソースを生かした健康・美容サービスを生み出している。ここでは同社のIoT事業部でヘルスケア事業に携わる木下直人氏と柚木努氏にインタビュー。ソニーグループがヘルスケア事業を行う意義や、これまでに打ち出してきたサービス、そして将来的にプラットフォーム化を目指すというヘルスケア事業への思いなどを聞いた。
管理者 | 43 view
AI開発や予測分析をもっと身近な存在に ソニーグループのAIは「誰でも使える」がキーワード

AI開発や予測分析をもっと身近な存在に ソニーグループのAIは「誰でも使える」がキーワード

ビジネスに欠かせないものになりつつあるAIの知識と活用。何となくAIに関心を持ちながらも、自分で使うとなると何から始めていいのかわからないという人も多いはず。そうした中、ソニーネットワークコミュニケーションズではソニーグループ で培ったAI技術を外部に提供し、AI開発や予測分析を身近な存在にする取り組みを行っている。ここでは同社のAI事業室に所属する原山直樹氏にインタビュー。常に先端技術の開発に突き進んできたソニーが歩むAI事業の道筋。そして「誰でも使える」ことを念頭に開発された3つのサービスが企業のみならず個人に対しても競争力強化や業務効率化にもたらす新たな価値などについて話を聞いた。
管理者 | 65 view
ソニーグループが提供するスマートホーム 防犯、効率化、自動化をトータルで提供し、企業の業務効率化に貢献

ソニーグループが提供するスマートホーム 防犯、効率化、自動化をトータルで提供し、企業の業務効率化に貢献

社会全体で働き方改革が叫ばれている今、労働生産性や業務効率の向上はどの企業にとっても避けられない課題になっている。そうした中、So-netなどの通信サービスで知られるソニーネットワークコミュニケーションズでは、自社で開発するスマートホーム技術のフォーマットをBtoBサービスに転用し、職場の効率改善や省力化につなげる事業に乗り出している。ここでは同社のIoT事業部でスマートホーム部門に携わる鈴木良平氏にインタビュー。不動産テックなる言葉も生まれ、熱を帯びるスマートホーム市場においてソニーが目指す暮らしの形。さらには、その先のBtoBサービスの提供で見据える、新たな価値の創造について話を聞いた。
管理者 | 55 view
デジタルシフト時代に求められる「PR視点」の重要性とは

デジタルシフト時代に求められる「PR視点」の重要性とは

オプト執行役員であり、デジタルシフトタイムズ編集長である前村真之介が、“今、お話を聞きたい人”に会いに行く不定期連載「編集長が聞く」。1回目の今回は、株式会社PR TIMES代表の山口拓己氏が登場。デジタル時代の情報発信のプロである山口氏に、今の企業に求められる「PR視点」について伺った。
管理者 | 42 view
デジタルは課題解決のためのツール。O2Oビジネスモデルで、レジャー業界に新風を

デジタルは課題解決のためのツール。O2Oビジネスモデルで、レジャー業界に新風を

デジタル化が遅れていたレジャー産業に果敢に飛び込んでいったベンチャー企業がある。サーファー向け波情報サイト『波通』や、スキー業界で独占状態のイベント申込サイト『デジエントリー』、全国BBQ場検索サイト『デジキュー』などのサービスを運営する株式会社デジサーフだ。Webサービスを起点にリアル店舗へと事業を拡大していった同社は、どのような道のりをたどったのか。今回は株式会社デジサーフの代表取締役社長を務める高橋佳伸氏に、デジタルシフトの経緯や戦略、事業の裏にある信念について、株式会社オプトベンチャーズ代表取締役の野内敦氏がお話を伺った。
管理者 | 44 view
飲み継がれていくお茶の価値と可能性を広める 伊藤園の使命と展望とは

飲み継がれていくお茶の価値と可能性を広める 伊藤園の使命と展望とは

日本人に馴染み深いお茶は、アメリカの一流企業が集まるシリコンバレーで、気分をリフレッシュさせ仕事の効率をよくする「クリエイティブサポート飲料」として愛飲されている。 お茶は単に”喉を潤す”ものにとどまらず、そのスッキリした味わいや香りによってリフレッシュ効果を得られるなど、シリコンバレーで働く人がその効果を実感する人が多いように、日本人には気づけなかったお茶の価値や可能性がある。 人々の「ライフスタイル」や「ニーズ」に合わせて、常に挑戦と進化をし続けて来た伊藤園は、「世界のティーカンパニー」を目指し、お茶の魅力を伝える活動を続けている。今回はお茶の持つ魅力と可能性について、マーケティング本部 緑茶ブランドグループの安田哲也ブランドマネジャーにお話を聞いた。
管理者 | 162,480 view
「総合買取サロンTIMELESS」 百貨店専門で展開する、その独自の経営哲学とは

「総合買取サロンTIMELESS」 百貨店専門で展開する、その独自の経営哲学とは

ブランド品買取・販売事業、オークション事業などを展開している株式会社ダイヤコーポレーション。 特に百貨店内に店舗を構える「総合買取サロンTIMELESS」の国内3店舗目を今月7月10日(水)にオープンするなど、買取業界で注目を集めている。ネット買取や、路面店の買取ショップが数多く存在する中、事業を広げられる理由はどこにあるのだろうか。その理由を代表取締役太田大哉氏に伺った。
管理者 | 360 view
37 件
BRAND TIMES
企業のストーリーをカタチに