ラグル作業用

ラグル作業用

フォロー

0 人にフォローされています

マーケティングを本来あるべき姿に。デジタルシフトはアカデミックとビジネスの現場をつなぐ。

マーケティングを本来あるべき姿に。デジタルシフトはアカデミックとビジネスの現場をつなぐ。

お客さんとの幸せな関係をつくることこそが、マーケティングの本質なのではないか――。 購買行動のみを追い求めるマーケティングに違和感を覚えていた株式会社オプト マーケティングマネジメント部 部長の園部武義氏は、消費者行動論を専門とする法政大学の新倉貴士教授とともに、新たなマーケティング手法の創出に挑んでいる。目指すのは顧客とブランドとの長期的で幸せな関係を築くこと。デジタルを活用することで見えてきた、消費者理解の可能性とは。お二人にお話を伺った。
ラグル作業用 | 27 view
日中ベンチャー企業の架け橋へ 深圳のITベンチャーを牽引するTechtemple(テックテンプル)×オプトグループの歩み<前編>

日中ベンチャー企業の架け橋へ 深圳のITベンチャーを牽引するTechtemple(テックテンプル)×オプトグループの歩み<前編>

今や「デジタル大国」として知られている中国。その急速なデジタルシフトを支えているのが、IT関連の企業が集積し、今や中国のシリコンバレーとも呼ばれている「深圳」だ。無人コンビニ、自動運転バスなど、新しいサービスの社会実装も著しく、日本からの注目も高まるこの街に、オプトグループは2014年から中国ビジネスの拠点を置いている。 現地パートナーとして提携しているのは、中国でスタートアップ向けのインキュベーションオフィスを運営する「Techtemple(科技寺)」。主にテクノロジー関連のベンチャー支援を行う企業であり、中国におけるインキュベーターの先駆けとして知られている。 今回、その代表であるジェリー・ワン(王灏)氏が来日。深圳オプトの代表であり、オプトホールディンググループ執行役員・吉田康祐氏と、中国事業開発室ゼネラルマネージャーの李 延光氏とともに、Techtempleとオプトグループの提携が目指すものについて話をうかがった、インタビューの前編をお届けする。
ラグル作業用 | 20 view
【後編】デジタルシフトは組織のトップではなく、現場のために必要だ

【後編】デジタルシフトは組織のトップではなく、現場のために必要だ

ブランドリユース業界の大手「コメ兵」。実は同社は、2000年代の初頭からデジタル対応に取り組み、ECサイトにオウンドメディアの活用、社内にチャットツールの導入、そして現在は真贋判定にAIの導入を発表するなど、業界の中でデジタルシフトをいち早く進めてきた。同社の執行役員マーケティング統括部長である、藤原義昭氏に、デジタルシフト・オムニチャネル化をどう推進してきたかを聞いた前編を経て、後編は組織をデジタル化していくために必要なことを伺った。
ラグル作業用 | 39 view
人の輝きと画期的ビジネスモデルで世界を照らす

人の輝きと画期的ビジネスモデルで世界を照らす

「シェアリング型統合マーケティング」という革新的ビジネスモデルによって、創業以来急成長を遂げ続けている株式会社ブリーチ。「商売を大きく。日本から世界へ、冒険的な成長を。」というビジョンを掲げ、世界を視野に入れた事業展開が期待される、今注目の企業の一つだ。代表の大平啓介氏に、ブリーチの強みやこれまでの歩み、そして今後の経営ビジョンについてお話を伺った。
ラグル作業用 | 97 view
目指すのはマーケティングの民主化。ラクスルCMOに聞く、デジタルシフト成功の秘訣

目指すのはマーケティングの民主化。ラクスルCMOに聞く、デジタルシフト成功の秘訣

印刷の価格比較サイトから始まったラクスルは、印刷や物流のシェアリングサービスでマザーズ上場を果たしました。長い歴史をもつ印刷業界にデジタルを導入したほか、現在はテレビCMにもデジタルの観点を持ち込み、安価でターゲティング可能なCMをサービス化しています。ラクスルが既存産業のデジタルシフトを成し遂げる背景には、どんな思考や取り組みがあるのか。そして、その先に描く未来とは。取締役CMO・アドプラ事業本部長の田部正樹氏に伺いました。
ラグル作業用 | 147 view
すべての企業がデジタルマーケティングを活用できる社会にSO Technologiesが開発する「集客ロボット」とは。

すべての企業がデジタルマーケティングを活用できる社会にSO Technologiesが開発する「集客ロボット」とは。

地方、中小・ベンチャー企業のデジタルマーケティング支援を加速させるべく、7月に誕生したSO Technologies株式会社。前半のインタビューでは、代表取締役を務める山家秀一氏に「人力を脱却しテクノロジーによってデジタルシフトを支援する」とのビジョンを伺った。後半では、具体的にどんな取り組みをしていくのかを紐解いていく。
ラグル作業用 | 98 view
積み上げた信頼と実績でゴルフ業界のデジタルシフトに挑戦する

積み上げた信頼と実績でゴルフ業界のデジタルシフトに挑戦する

雑誌から動画コンテンツへーー。ゴルフ専門誌「ALBA」をはじめとする出版事業を基盤としていたグローバルゴルフメディアグループは、2017年にGOLF Net TV 株式会社を立ち上げ、動画メディア事業「GOLF Net TV」を開始。現在、同メディアのアプリダウンロード数は30万を突破している。 ゴルフ業界、放送業界の様々な利害関係を調整しながらデジタルシフトを進めてきた背景には、どのような戦略があったのか。今回は、GOLF Net TV 株式会社取締役の八田浩氏に、動画メディア事業設立の経緯や、デジタルシフト推進のポイントについて伺った。
ラグル作業用 | 76 view
動画マーケティングの新たな商習慣を創る

動画マーケティングの新たな商習慣を創る

2015年の設立以来、目覚ましい成長を続けるベンチャーがある。「ビデオリリース」という新たなマーケティング手法を提供するNewsTVだ。同社代表の杉浦健太氏は、テレビ、PR、ネット広告など、多様な業界を経験。制作から、営業、商品開発、マネジメントまで、幅広いスキルを磨いてきた。その足跡が同社の強みを示し、眼差しが未来を示す―。思い出深い出来事をまじえて、リーダーに話を聞いた。
ラグル作業用 | 765 view
なぜ広告代理店のオプトがデジタルシフトなのか<後編>

なぜ広告代理店のオプトがデジタルシフトなのか<後編>

Digital Shift Timesは、日本企業のデジタルシフトの道しるべになることをミッションに掲げ、未来を見据えて経営の舵取りをしている経営者層やデジタル部門・マーケティング部門の責任者向けに、デジタルシフトと向き合い企業の変革を進めていく上で必要となる情報を提供していきます。
ラグル作業用 | 217 view
オプトグループが広告代理店の枠を脱し、社運をかけて日本企業全体のデジタルシフトを遂行する理由<前編>

オプトグループが広告代理店の枠を脱し、社運をかけて日本企業全体のデジタルシフトを遂行する理由<前編>

BRAND TIMESでは今後、日本全国の企業のデジタルシフトをリードする株式会社オプトホールディングが新たに運用をはじめた「Digital Shift Times」と連携し、該当記事を掲載していきます。
ラグル作業用 | 286 view
アプライドマテリアルズ ジャパンの最先端技術を支える フィールドエンジニアという仕事

アプライドマテリアルズ ジャパンの最先端技術を支える フィールドエンジニアという仕事

半導体製造装置で売り上げ世界No.1のアプライド マテリアルズには、同じく重要なビジネスとしてディスプレイ製造装置部門がある。薄型テレビ、タブレット端末、スマートフォン、フレキシブルデバイスなど多くのコンシューマ向けエレクトロニクス製品に用いられるディスプレイ市場の拡大に伴い、同社では積極的な人材採用を行っている。今回はそのディスプレイ製造装置部門で、フィールドエンジニアとして働く喜多優貴さんにインタビュー。入社の経緯や現在の業務のやりがい、この職業を志望する人へのアドバイスなどを聞いた。
ラグル作業用 | 352 view
宿泊するだけで社会貢献活動に参加できる。コンフォートホテルが目指す、社会との新たな関係

宿泊するだけで社会貢献活動に参加できる。コンフォートホテルが目指す、社会との新たな関係

「Color your Journey. 旅に、実りを。」をコンセプトに、全国で60以上の“コンフォートブランド”ホテルを展開している株式会社チョイスホテルズジャパンでは、公式Webサイトで登録した会員の宿泊代の一部を社会貢献活動を行っている3団体に寄付する取り組みを続けている。支援の根底にあるのは「旅で世界とまちを元気にしたい」という思い。 その寄付金の贈呈式が5月16日(木)に行われ、村木雄哉社長自らが「環境」「教育」「雇用」の各領域で活動している3団体の代表者に目録を手渡した。ホテルが社会貢献の課題に取り組む意図はどこにあるのか、その活動は本業にも効果をもたらすのだろうか?村木社長に話を聞いた。
ラグル作業用 | 234 view
268 件
BRAND TIMES
企業のストーリーをカタチに