デジタルテクノロジーの急速な進化における変革の時期においてリーダーに求められているのは、

新たなビジネス価値・社会変革をもたらすことができるイノベーターであり続けるという覚悟だ。

リーダーこそがブランド。彼らが仕事に賭ける熱い想いと、未来へのビジョンに迫る。

デジタルテクノロジーの急速な進化における変革の時期においてリーダーに求められているのは、新たなビジネス価値・社会変革をもたらすことができるイノベーターであり続けるという覚悟だ。

リーダーこそがブランド。彼らが仕事に賭ける熱い想いと、未来へのビジョンに迫る。

PICK UP

新着記事

株式会社シャリオン

代表取締役 / 角田 哲平

オーラルケアに革新を起こし、 世界中に笑顔を増やしたい

オーラルケア業界のイノベーター・角田哲平。柔軟な発想で独自のオーラルケア商品やビジネスモデルを開発し、新たな市場を切り拓いた。2015年に同氏が設立したシャリオンは急成長を遂げ、海外展開も進めている。その理由は何なのか? リーダーの足跡をたどりながら、躍進の秘密を探る。

ユナイテッド株式会社

代表取締役会長CEO / 早川 与規

個性を活かす「チームユナイテッド」で成長

博報堂の営業職、サイバーエージェントの副社長を経て、2004年にモバイル広告事業で起業した早川与規氏。積極的なM&Aによって業容を拡大し、現在はユナイテッドの代表取締役会長CEOとして辣腕をふるっている。個性派集団「チームユナイテッド」を率いる同氏に、これまでの歩み、リーダーとしての役割、今後の目標などを聞いた。

株式会社イヴォーグ

代表取締役社長 マネジメントエンジニア / 徳山 求大

会社の‟らしさ”を活かし、人が輝く組織をつくる

顧客企業の‟戦略的人事部”として、強い組織づくりを支援するイヴォーグ。代表の徳山求大氏はリクルートで12年間のキャリアを積んだ敏腕コンサルタントだ。しかし、同氏が名乗るのは「マネジメントエンジニア」。企業の強みや事業環境などをもとに、競争力の高い‟マネジメントの型”を構築するという。そのカギはどこにあるのか。具体的な事例をひもときながら、リーダーの技法にせまる。

株式会社SYG

代表取締役 / 山本 泰大

後世が誇れる日本に。キャリア15年、若き経営者の挑戦

昨年11月、新たなミッション『世界に誇れる、日本の「顔」をつくる。』を策定した株式会社SYG。同社を率いる代表取締役 山本泰大氏は、中学生でビジネスをスタート。高校生でリーマンショックを経験し、20代前半で事業変更を決断。時代と景気にもまれ、幾度の失敗を経験するものの、そのたびに立ち上がり続けた。そして、ようやく真に取り組みたい事業に出合ったと話す、山本氏が目指すミライとは―

クルーズ株式会社

代表取締役社長 / 小渕 宏二

1兆円企業実現のためのエコシステムを作る

創業以来、17年連続で黒字経営を続けているクルーズ株式会社が2018年5月10日をもって、全ての事業を子会社化し、グループ経営への移行を決定した。さらに、「インターネットの時代を動かす凄い100人を創る」ことをミッションに掲げ、 その実現のために「CROOZ永久進化構想」を発表した。この構想にかける想いを代表取締役社長の小渕宏二氏に聞いた。

株式会社オプトホールディング

代表取締役社長 グループCEO / 鉢嶺 登

明確で高い目標を設定し、時代の波に乗り続ける

売上高800億円超、従業員数1500名超を擁するオプトグループ。その統括会社を率いるリーダーが鉢嶺登氏である。26歳で森ビルを退社し、マーケティング事業を開始。7年間の停滞期を経て、大手ネット広告代理店へ成長させた。なぜ大企業を飛び出したのか? どうやって成長の壁を突破したのか? 経営哲学やビジョンも含めて、話を聞いた。

株式会社じげん

代表取締役 社長執行役員 CEO / 平尾 丈

マッチングテクノロジーで‟機会の平等”をめざす

19歳でITベンチャーを起業、23歳でリクルートグループの最年少役員、25歳で社長、30歳で株式上場、35歳で東証一部…。圧倒的な量を質に転化し、濃密な半生を駆け抜けてきたリーダーがいる。じげん代表の平尾丈氏だ。同社はリクルートグループから独立したIT企業。2006年の創業から現在まで、11期連続で増収増益をはたしている。リーダーの足跡をたどると、じげんの強みが見えてきた―。

株式会社ラクス

代表取締役 / 中村 崇則

読書と実践をくりかえし、経営の軸が定まった

メール管理ツールや経費精算システムをはじめ、領域特化型のクラウドサービスを提供するラクス。導入実績はのべ5万社以上。そのほとんどが中小企業だ。なぜ、大企業よりも中小企業の支援に注力しているのだろうか。経営者としての原体験、大切にしているマインドなどをまじえて、リーダーの実像にせまる。

株式会社ギフト

代表取締役社長 / 田川 翔

ラーメンを世界への贈りものに

横浜家系ラーメンの「町田商店」などを展開する株式会社ギフトが2018年10月、東証マザーズに上場した。「ラーメンを、世界への贈りものに」の理念の元、創業から10年足らずで直営54店舗(2018年7月時点)、約350店舗のプロデュースを手がける企業となった躍進の秘訣について、代表取締役社長の田川翔氏に話をうかがった。

ページトップへ